闇経済の怪物たち  グレービジネスでボロ儲けする人々

法律スレスレの世界で、荒稼ぎするグレーゾーンの企業家たち
彼らの知られざる実態に、極道取材の第一人者が迫る

2016年4月19日刊行 光文社新書 799円

本書で取り上げるのはほとんどグレービジネス界の勝者といっていい人物たちである。 ネットでの裏情報提供業者、出会い系サイト、デリヘルの経営、危険ドラッグの仕切り屋、 闇カジノのイカサマ・ディーラー、FXや仮想通貨販売業、六本木・関東連合の育ての親、 純金インゴットの密輸入や振り込めなど特殊詐欺の首領、街場の顔役の9人が登場する。


目次

まえがき
第1章 「裏」情報サイトの先駆者
第2章 出会い系サイトの帝王
第3章 堅気のデリヘル王
第4章 危険ドラッグの帝王
第5章 日本一のイカサマ・カジノディーラー
第6章 FXの帝王、仮想通貨に挑戦
第7章 六本木の帝王と関東連合
第8章 詐欺の帝王の新事業
第9章 ヤクザ界の高倉健
あとがき

 

 

本の写真
闇経済の怪物たち

ヤクザ崩壊 半グレ勃興

組織に属さず、ヤクザのような「暗黙のルール」もない無法の集団「半グレ」――。半グレはどこからきてどこに棲み、なにを資金源としているのか。だれも書けない現代社会最大の暗部に鋭く斬り込む巨匠・溝口敦の傑作ルポが新装版で待望の登場!

2015年8月21日刊行 講談社+α文庫 853円

凄惨な暴力事件、詐欺、タカリ、危険ドラッグがらみの悲惨な事故まで、いまや私たちの生活を地獄に陥れるあらゆるかたちの「暴力」の主役は、ヤクザから「半グレ」集団にとってかわられた。ヤクザと違い、看板を掲げるでもなくバッジをつけるわけでもなく、隣にいても気づかないほどに社会に深く潜行する「半グレ」の実像をはじめて解き明かした衝撃作!「半グレ」のカネ、行動原理、そして激動するこの国の組織犯罪の有り様をとらえるための必読書!!

 

 

本の写真
ヤクザ崩壊
半グレ勃興

危険ドラッグ 半グレの闇稼業

発売1カ月で使用者15人が死亡した「ハートショット」など、劇薬化する危険ドラッグ。なぜ蔓延したのか? 撲滅は可能か? 世界的な薬物事情や公的機関の対策、製造・販売者への直接取材から、その全容に迫る。

2015年3月 25日刊行 角川新書 864円

 

本の写真
危険ドラッグ

詐欺の帝王

溝口敦氏といえば、泣く子も黙る極道取材の第一人者。その溝口氏が、裏社会について取材を進めるうち、つい四年前まで詐欺業界の周辺で「オレオレ詐欺の帝王」といわれていた本藤彰(仮名)なる人物と出会いました。
本藤は、名門私大に在学中からイベントサークルがらみのビジネスで金儲けのコツをつかみ、集団レイプ事件を起こした早大スーパー・フリーの主宰者・和田真一郎のケツモチ的存在でもありました。卒業後、一度は大手広告会社につとめますが、退社して闇金融を開業したのを契機に、詐欺の世界で名を轟かせはじめます。
オレオレ詐欺の草創期に荒稼ぎしただけではなく、ワンクリック詐欺、未公開株詐欺、社債詐欺、そしてイラク・ディナール詐欺と、彼が率いるグループの業務は、詐欺のデパートといっていいほど多岐にわたっていました。
そんな「帝王」が「罪滅ぼしの気持ち」もあって、溝口氏にシノギの実態を赤裸々に語ったのです。
詐欺師たちはいかなる手口を使い、どんな人間を嵌めるのか? なぜ被害者が後を絶たないのか?――現代日本の闇を暴く力作です。(版元による本書紹介文から)

2014年6月20日刊行 文春新書  810円

 

本の写真
詐欺の帝王

溶けていく暴力団

大ベストセラー「暴力団」「続・暴力団」を手掛け、講談社+α文庫の闇モノシリーズは累計60万部に達する巨匠・溝口敦が、自身、「最後の闇モノ」として望む、「裏社会の今」を暴く決定版。衰退する暴力団の現状と今後、半グレ集団などの因習にとらわれない新たな暴力の実像と展望、そして、われわれ市民社会が、溶けるように私たちの生活に食い込んでくる暴力の兆候、背景をどう見抜き、どう対処すべきかを綿密な取材と、豊富な見識から説く。

2013年10月22日刊行 講談社+α新書 882円

 

本の写真
溶けていく暴力団

続・暴力団

組長、組幹部が激白・・・
カタギが狙われる時代がきた!
あのベストセラーに続く「わるいやつら」の最新知識

2012年10月1617日刊行 新潮新書 735円(税込み)

暴力団排除条例は、新たな恐怖の始まりだった。殺傷される市民、襲撃される企業、私刑される警察官……条例施行後に頻発する兇悪事件。なぜ一般人が狙われるのか? 福岡で兇行が連続するワケは? 警察はなぜ無力なのか? 新しいシノギや殺しの手口とは? 組長や現役幹部がその裏事情を激白! 有名芸能人との癒着、半グレ集団の肥大化、出合った時の対処法など、誰もが知らないではすまされない「現代極道の最新知識」。

 

本の写真
続・暴力団

抗争

日本刀で斬殺。繁華街で銃撃戦。手榴弾で爆破。警察官に銃乱射―。かつての仲間であっても、殺るとなったら容赦はしない。戦後、日本各地で「抗争」は繰り広げられた。
暴力団はなぜ殺し合うのか?闇に蠢くヤクザの歴史を振り返る上で欠くことのできない抗争を、40年以上に渡り最前線で取材してきたジャーナリスト・溝口敦がレポートする。

2012年2月1日刊行 小学館(101新書) 735円(税込み)

「第一部 暴力団の戦後史」
「第二部 実録ヤクザ外伝」

 

本の写真
抗争

暴力団

「世界一わかりやすい“わるいやつら”の基礎知識!
芸能人も一般人も知っておくべき最新情報が満載

2011年9月16日刊行 新潮新書 735円(税込み)

島田紳助、衝撃の引退! 人気タレントの社会的生命を閉ざすほど、 よくスキャンダルになる「暴力団」とは、 そもそも何なのでしょうか? 芸能界だけではなく、あなたの会社や家庭にも秘かに忍び寄っているのかも……。 社会の裏にに巣食う「わるいやつら」の正体とは? [こんな情報が本書でとてもよくわかります]

・暴力団はどこにいるのか?
・暴力団のリクルート活動とは?
・学歴、年収、出世の条件とは?
・芸能人となぜ親交するのか?
・覚醒剤や野球賭博でどのように儲けるのか?
・女はヤクザになれるのか?
・なぜヒモが多いのか?
・刺青や指詰めのワケは?
・警察との癒着は?
・ヤクザが恐れる集団とは何か?
・もし出会ったしまった時の対処法とは?

無法な「わるいやつら」にペンで対峙し、日本最大の山口組も、暴対の強面警察官も唸らせたノンフィクション作家が、本書で、「現代極道の基礎知識」を世界一やさしく解説しています。

 

本の写真
暴力団

 

歌舞伎町・ヤバさの真相

「欲望の街」の盛衰

2009年6月20日刊行 文藝春秋文春新書 定価770円(税別)

 3000人のヤクザが棲息し、夜ごと40万の市民を呑み込む歓楽境は、どこに行くのか

 

本の写真
歌舞伎町・ヤバさの真相


新版 現代ヤクザの裏知識

暴力、カネ、女、シャブ… 激変し、それでも生きつなぐアウトローたちの最新の実像を迫力の生々しさで暴き出す!

2006年11月20日刊行 講談社+α文庫 定価838円(税別)

 ヤクザはどのようにして「誕生」したのか?「シノギ」とは何か、その実態とは?政治との本当の関係は?ヤクザ社会の男と女の「愛」とは?「首領(ドン)」と呼ばれた男たちの素顔は?暴対法、組織犯罪処罰法施行で取り締まりが強化された結果、何が起きたのか?――戦後の混乱から日本経済のバブル期、バブル崩壊などを得てなお生き続けるヤクザ集団。闇社会を支配する彼らの知られざる実態を、関係者のナマ証言と、綿密な取材を基にすべて解き明かす!

 

旧版に

本の写真
新版 現代ヤクザの裏知識


中国「黒社会」の掟 チャイナマフィア

グローバル化する暴力
麻薬、女、密航...,我々の日常にじわりと忍び込む「ドラゴンマフィア」の実像!

2006年4月20日刊行 講談社+α文庫 定価838円(税別)

 新宿・歌舞伎町のみならず、日本全国津々浦々にまでその隠然たる勢力を拡張しつつある“暴龍”たち。日本の暴力集団を優に超えるまでの激しく徹底した暴力の源泉はどこにあるのか,その実像を詳細に炙りだす。香港、台湾、雲南、上海、中国各地に決死の潜入取材を敢行し,ボーダレス,グローバル化の渦中にある日本の闇社会の最新地図を読み解く!

 

旧版に

本の写真
中国「黒社会」の掟 チャイナマフィア