427)山口組に新たに7代目継承問題が浮上(21年10月11日)


 六代目山口組の司忍組長と高山清司若頭の関係は世間でいわれるほどうまくいってないようだ。両者の関係を疑わせる動きが出てきた。

 争点は司組長がいつ6代目を退き、7代目を高山若頭に譲るかだ。司組長は来年1月、80歳の大台を迎える。しかし身体は頑健で健康そのもの。対して高山若頭は74歳、いつも俯き、肩を落として病弱そうだ。

 司組長の方がこれからの人生が長いように見受ける。しかし6代目治世下に行われた施政と事件の大半は高山若頭がしでかしたこと。企画と実行力の点で司組長は問題にならない。

 ならば高山若頭に代目を譲って当然と思われるが、事はそれほど単純ではない。内心高山若頭を嫌う直参は多く、人気はむしろ司組長の方が上だ。

 高山若頭は恐れられ、弘道会内部にさえ密かな反対派が存在する。現在、弘道会の主流は高山若頭が出た髙山組であって、司組長が育成した司興業ではない。司組長は弘道会にほとんど手勢を持たない。しかも直参間の経済格差は年々激化し、高山若頭は是正しようともしない。

 とすれば、健康を頼みに司組長が「命尽きるまで6代目の座に」と固執するのも理解できる。どの世界にも引き際を誤った「老害」はある。

 高山若頭に7代目を「禅譲」する約束は2014年、若頭が4000万円恐喝事件で最高裁への上告を取り下げた時点に成ったと推測できる。このとき「出所後に」と約束したはずだが、神戸山口組の分裂抗争で「分裂・抗争が決着した後に」と延期されたはずだ。

 そして今、神戸山口組は風前の灯であり、分裂抗争の決着は間近いと見られる。これが解決すれば、約束通り司氏は組長を退き、高山若頭に7代目の座を明け渡さねばならない。

 そこで活用を思いついたのが絆会・織田絆誠会長の抜擢である。織田会長の力を借りて山口組改革を図り、それにより高山色を払拭する。

 だが、今回、織田会長はこの提案を拒否した。今まで何回も同様の申し出を受け、その度に約束をグズグズにされて来た。もう司組長に利用されたくないらしい。

 司組長の意向を受け織田会長に工作したのはごく一部の直参、司組長の古くからの兄弟分、そして事情に詳しい事業家である。いずれも素人同然だから、盟約の実効性を担保できない。織田会長の提案拒否は当然だろう。

 今回、司組長が動いたのは京都の料亭の所有権をめぐり、愛知県警が弘道会系組長を逮捕した事件がきっかけである。この事件はいずれ竹内照明組長、高山清司若頭に及ぶ。彼らは事件の対応に忙殺されるから、やるなら今、絶好のチャンスと判断した。

 5代目渡辺芳則組長はクーデター同然に、組長の座を司氏に奪われた。同様に司組長も高山若頭のクーデターで追われるのか。