422)暴力団も不思議がる検察の弘道会への対応(21年7月19日)


 一昨年の3月、横浜のラーメン店で稲川会系の組長と幹部4人が六代目山口組系小西一家幹部(36)の胸や首などを刺し、殺害したとして、今年6月、神奈川県警は出頭してきた稲川会の5人を逮捕した。組長は「自分が刺した」と供述したが、7月15日、横浜地検はなぜか理由を明かさないまま、全員を不起訴処分にした。

 このニュースに接して「なぜ不起訴?」と小首を傾げる向きは多いだろう。暴力団関係者も次のような見立てが出るほど不思議がる。

 中立系団体の幹部が言う。

「まるで根拠などない話と思いますが、我々の間では検察の首脳が六代目山口組の高山若頭に金玉を握られたという噂が飛び交ってます。億というカネを握らせたか、下半身スキャンダルを掴んだか。

 横浜のラーメン屋の話は被害者が六代目山口組側で、加害者でないので逆ですが、最近、滅多やたら六代目山口組、なかでも弘道会側が不起訴になるケースが多い。あるいは単独犯として処理され、共犯者がパクられない。

 高山若頭の出所後、ひどくなった傾向らしく、検察も今春これに気づき、新人事でいくぶん手直ししたとか。今回の稲川会側不起訴はそのせいかもしれない。検察の罪滅ぼしだ」

 あらぬ噂を立てられ、検察、警察としては迷惑な話だろうが、とはいえ得心のいかない事件処理が多すぎる気がする。

 分裂直後、岡山の池田組・高木忠若頭が弘道会系組員・山本英之に射殺された事件でも、当初から共犯の可能性が指摘されながら、結局共犯者を特定せず、単独犯として起訴している。

 19年4月、山健組・與若頭が神戸の春日野道商店街で刺された事件では弘道会系野内組系組員2人が逮捕されたが、1人は起訴されたものの、もう1人は共謀を否認、長らく処理が宙に浮いていた。

 19年10月、山健組事務所横で弘道会系稲葉地一家の丸山俊夫幹部がフリーの記者と偽り山健組系組員2人を射殺した。拳銃やカメラなど道具立てに巨費を掛け、丸山に用意できるわけがないとされながら、検察は丸山の単独犯として事件処理している。

 今年6月には名古屋錦三のセクシーキャバクラ店から2月分のみかじめ料として26万円を受け取った容疑で弘道会統括委員長で稲葉地一家・松山猛善総長らが逮捕された。松山総長は黙秘を通したとされるが、それでも不起訴というから、これはおいしい話だろう。

 検察が弘道会側を有利に扱う条件は「手配を出したら即、最寄りの署に出頭すること」があるだけという(前出、中立系幹部)。

 たしかに弘道会系の実行犯は逮捕状が出たり、指名手配がかかると逃げ回らず、おとなしく署に自首するケースが多いようだ。