418)暴力団衰退の要因をのばなしにしてきた高山若頭(21年5月10日)


 4月末、警察庁がまとめた数字によると、昨年末の暴力団構成員と準構成員の人数は2万5900人。前年比2300人減で、16年連続の減少という。

 日本の芸能人の数はタレント名鑑登録数で約1万1000人、タレントデータバンク登録数で約2万4000人というから、ヤクザ、暴力団は今や芸能人並みに稀少になった。ネットでの話題性や情報発信力も芸能ネタに匹敵するかもしれない。

 分裂抗争渦中の山口組がらみでは、六代目山口組が8200人、神戸山口組が2500人、そこから分裂した絆会が490人という。分裂の前年、六代目山口組は構成員だけで1万300人(他にほぼ同数の純構成員)がいた。それがわずか6年で実質3分の1に縮小した。

 六代目山口組は激しい攻撃で神戸山口組を籠城状態に押し込んだ。組織の切り崩しでも神戸山口組からぼろぼろ人材を引き抜いた。それでいてなぜメンバー数が減るのか。

 組員減は山口組だけではない。住吉会も前年比300人減の4200人、稲川会も100人減の3300人と縮んでいる。ということは、縮小の原因は分裂抗争になく、暴力団を取り巻く取締法規の整備、警察の取締り体制強化、日本経済全体の景気下降、コロナ禍など、外部要因が大きいと思われる。

 しかしこれらの要因はコロナ禍を除けば、今に始まったことではない。失われた二十年、それに暴力団排除条例の全国実施などで誰もが予想したことだ。

 六代目山口組の髙山清司若頭は稀に見る凄腕の能吏とされる。しかしそういう髙山若頭が外部要因に目配りも対応もしなかった。山口組ばかりか暴力団世界全体にリーダーシップを振るうべき髙山若頭が無為無策だった。

 本来なら警察に捜査の手がかりを与える擬制血縁関係による組づくりや他団体との交際、組員住所録や機関紙の内部配布、物故した先輩首脳の墓参りなどは部外秘を徹底すべきだったし、組員の生活支援に注力して情報漏洩を防ぐ、法の下の平等を連呼して外部団体と連携を組むなど、総合的に組織防衛すべきだった。

 髙山若頭が血道を上げたのは神戸山口組叩きの暴力行使と攪乱情報の発信だけだった。

 大阪府警辺りの情報によれば、昨年11月時点の半グレ勢力は60グループ、4000人という。過小評価だろうが、半グレの匿名性に比べ暴力団の公然性がいかに組織の存続に不利か、明らかである。

 警察に蹂躙される暴力団に同情する者は皆無だろうが、悪党なら悪党らしく、しぶとく戦ってくれなければ外野は面白くない。