416)警察が色めき立った関西カチコミ事件のチンケ(21年4月5日)


 3月27日、午前4時ごろ、神戸の新開地駅から北に約300メートル、歓楽街として知られる福原のビル1階のシャッターに銃弾4発が撃ち込まれた。

 兵庫県警にはおそらく実行犯から通報があったのだろう。県警はその日の夕方、現場周辺を訪ね歩き、ようやくビルを特定した。

 県警が分からなかったのは無理もない。銃弾は22口径ぐらいで小さく、シャッターを貫通できず、単に凹みをつけただけだったのだ。

 しかし、付近には防犯カメラが何台も設置されている。そのうちの1台には、自転車で現場に到着した男がシャッターめがけ発砲する動画が残されていた。現場は、神戸山口組・井上邦雄組長の実子につながる関係者が営む格闘技の練習場だった。

 これで警察は色めきたった。山口組の分裂抗争はついにトップの家族関係にまで手を出し始めたのか。井上組長は引き籠もって攻撃のチャンスがない。だったら、家族を攻めていぶり出す戦法か、と読んだのだ。

 とすれば、実行犯は分裂抗争の終結を急ぐ六代目山口組か、それとも付近の地理に詳しい中田浩司組長率いる五代目山健組か。

 しかし、現場のすぐ近くには織田絆誠会長率いる絆会の神戸事務所がある。これと勘違いしてシャッターを撃ったのか。とすれば実行犯は神戸山口組か、六代目山口組か。

 なにしろ発砲した者が判明せず、未逮捕だから、実行犯はどことでも想定できる。

 実は同じようなカチコミ事件が3月3日未明、西宮市でも起きている。同市久保町の運送会社社員寮で「バーンという銃声のような大きな音が4回くらい聞こえた」と近くの住民が午前2時10分ごろ110番通報した。

 駆けつけた警察が現場周辺を調べると、1階のシャッターに銃弾の跡のような凹みが4カ所あり、回りから銃弾の破片らしきものが見つかった。また建物の1階車庫からは焦げた新聞紙が詰められた瓶が残され、火炎ビンではないかと推測されている。

 この建物は神戸山口組の寺岡修若頭が率いる侠友会系諏訪一家の組事務所だった時期がある。今は撤退しているが、実行犯はなおもそうと思い込んで発砲したのか。

 両事件は小型の拳銃使用、4発発射、シャッターへのカチコミ、未明の発生時間などいくつか共通し、両方とも犯人は未逮捕である。

 防犯カメラの映像から福原の方が、犯人逮捕が早いだろうと見られているが、どう転んでもちゃっちい事件である。山口組の分裂抗争はここでも矢折れ玉尽き、末期症状を呈している。