400)分裂した新生山健組は一本どっこでいく覚悟(20年7月27日)


 五代目山健組の分裂が7月22日、正式決定した。

 分裂して神戸山口組(井上邦雄組長)を出ることになったのは反井上派で、山健組直系50人弱のうち24人。神戸山口組に居残る井上派も24人となり、ここに山健組は真っ二つに分裂した。

 ただし井上派24人のうち高齢のため引退が見込まれる者が10人前後いる模様だ。

 現在、殺人未遂で勾留中の中田浩司・山健組組長は分裂を最初に言い出した張本人だから、もちろん反井上派であり、組の名乗りは従来通り五代目山健組で通す。

 新生五代目山健組の路線は一本どっこである。敵は六代目山口組であり、六代目山口組には絶対復縁しない。月会費を減額することも公約に等しい。こうした方針については勾留中の中田組長にも再三弁護士を通じて確認を取って決めたことという。

 主たる参加者は物部浩久本部長(妹尾組組長)、水田忠好若頭補佐(村正会会長)、西川良男若頭補佐(健竜会会長)など、少壮気鋭の直参が少なくない。対して神戸山口組に居残る井上派は與則和若頭など古参の直参が多いようだ。

 山健組の関係者が言う。

「これまで井上邦雄組長がやってきたことは悪政そのもの。下からカネを吸い上げ、下の声を聞かない。首尾一貫した組運営ができない。

 もちろん井上派にも井上の悪政に気づいている者が多い。だけど保身と惰性で井上の悪政から離れられない。神戸山口組の直参たちもほとんど井上を見限っている。しかし、井上は諫めて悪政を止めるような人間じゃない。死んでも山健組利権を離さない。『分かった。後はあんたらに任す』といった潔さを絶対示せない男だ。

 それが分かっているから、最終的には彼らも神戸山口組を離脱するしかない」

 独立した五代目山健組に対しては、六代目山口組から早くもデマ情報が流れている。

「近々山健組はこっちに戻ってくる。そういう話ができている。だから、応援してやってくれよ」など、きわめてもっともらしいデマなのだ。

 しかし、五代目山健組の多くが今、性根に据えているのが去年10月、神戸の山健組事務所近くで、弘道会系組員が拳銃で山健組の部屋住み2人を射殺した事件である。

「部屋住みといえば自分の家族だ。それを殺されておめおめ名古屋(六代目山口組)に戻れるか。冗談じゃない。我々には骨がある。十分一本どっこでやっていける。今の情況はたしかに山健組に甘くないが、みんなこれから押し返していく気持ちを持っている」

 と、山健組関係者は語っている。