398)一部のファンとの紐帯も切れた暴力団のやりっ放し(20年6月29日)


 六代目山口組系秋良連合会の傘下組員・早崎美浩容疑者が去年9月大阪府堺市の交差点で当時9歳の男児を車ではね、肝臓損傷、右足骨折の重傷を与えながら、そのまま逃亡し、このほど大阪府警堺署が逮捕した。

 早崎容疑者は当時、車の免許が失効した状態で、しかも乗っていたのはナンバープレートを付け替えた車だったため逃げたと供述、ひき逃げを認めている。が、そのときシャブをきめていたため、覚醒剤乱用の発覚を恐れて逃げたという噂もある。

 いずれにしろ早崎容疑者はなんの罪もない男兒を事故に巻き込んだ上、責任逃れでひき逃げした。重罪である。

 関西在住の組幹部が言う。

「警察がしばしばイヤキチ(嫌がらせ)で無関係の組員を逮捕するのは事実です。だけど、今回の場合は早崎がひき逃げを認めている。

 であるなら、起訴を待たず、六代目山口組なり、その下の秋良連合会なりが早崎と早崎の所属する組に対し、処分を下して当たり前です。自ら襟を正し、世間様にかけたご迷惑をお詫びする。社会に対し恭順の意を示す。

 分裂前の山口組でも、この程度のことはやっていた。しかし今はやらない。知らんぷりです。なぜやらないか不思議です」

 今、分裂抗争では六代目山口組が神戸山口組より優勢で、押せ押せムードだ。世間体を気にする余裕はたっぷりあるはずだが、それをやらない。これはなぜなのか。

 そういえば5月26日、六代目山口組系益田組傘下玉木組(上田市)若頭・小沢翔(35)は自分の女房を寝取られた恨みで、同県坂城町の寝取った男の親の住まいに乱入、寝取った男の弟妹を射殺し、自分も右こめかみを撃ち抜いて自殺した。

 これほどハタ迷惑な行為はない。弟妹は自分の元女房をめぐるトラブルには何の関係もない。

 玉木組は組員5人ほどの小さな組というが、それでも若頭といえば組のナンバーツーで、次代組長の有力候補である。なんでこんな男が若頭?と呆気に取られるが、小沢がしでかしたこの事件も組の営みとは何の関係もない。

 ところが益田組や六代目山口組が小沢の所属した玉木組に対して、何らかの処分を科したという話は聞こえてこない。せめて弟妹の親御さんに対して深謝するのが筋のはずだが、それもやらず、単に殺しっ放しのようだ。

 ことによると山口組は、どうせ我々は反社の暴力団。何をやっても世間様から爪弾きされるのだから、社会のルールはどうでもいい、約束ごとも蹴っ飛ばす、と考え出したのか。

 とすれば、名実ともに「社会の敵」である。一部のファンとの間に結ばれていた紐帯も切れた。