391)コロナ禍で増えそうなヤクザの金銭トラブル殺人(20年3月16日)


 神戸山口組系山健組傘下「2代目武神会」の幹部(41)以下、建設業やとび職、型枠大工など7人が加古川市の農道で他人の乗用車を全焼させた疑いで3月5〜7日、兵庫県警により逮捕された。

 県警は11日、車の持ち主の遺体を埋めたという関係者の供述に基づき、京都府福知山市の山中を捜索し、車の持ち主の遺体を発見した。県警が車の持ち主の男性宅を捜索したところ、武神会の幹部との金銭トラブルを示唆するメモを発見、メモには「何かあったら、もめたと思って下さい」などと書かれていたという。

 事件の全容はまだ解明されていないが、おそらく殺された男が武神会幹部にカネを貸し、強く返済を迫ったところ、幹部がカネを返さず、すったもんだの挙げ句、かえって借り手の幹部が貸主を殺したと想像できる。

 証拠隠滅のため遺体は山中に埋め、貸主の車もナンバープレートを外した上、全焼させたのだろう。

 ヤクザにカネを貸す金融機関は存在しないから、どうしてもヤクザは小金を持つ知り合いからカネを借りることになる。だが、ヤクザはほとんどの場合、カネを借りても、返済期限までに返さないし、返せない。そうでなくてもシノギがないから、返すメドが立たない。「ない袖は触れない」は絶対の強みなのだ。

 たいてい貸主がこの時点で、「貸した俺がバカだった。いい勉強になった。これからは2度とヤクザに貸さない」と諦める。が、諦めずに督促を繰り返すと、この事件に見るように逆ネジを喰って、自分の命さえ失う。

 昔からヤクザに高利貸しは多かった。彼らは賭博の負け客にカネを融通するなど、金銭の貸し借りはつきものだから、小金を溜め込んだ上、金貸しやマチ金になるヤクザは珍しくなかった。

 そういうヤクザの鉄則は、自分より強いヤクザには絶対カネを貸さない、というものである。自分の所属する組が弱体と見られたら、借り手のヤクザはまず借りたカネを返さない。力で来い、返してもらいたいなら、俺からカネをもぎ取れ、という態度をとる。

 ヤクザでさえこうなのだから、カタギの人間がヤクザにカネを貸すなど論外である。力で比べれば、貸借関係より暴力的な命の取りっこの方が強いのだ。

 もちろん警察に駆け込んでも、弁護士を立てても、裁判に訴えても、たいてい借り手有利の、こうした基本関係は変わらない。

 日本経済は新型コロナウイルスもあり、今や底なし沼の深みに一直線である。ヤクザ経済も同じこと。展望ゼロ、右も左も真っ暗闇。ヤクザの絶望的な沈下は同じようなやけっぱち犯罪を続発させるにちがいない。