387)「特定抗争指定暴力団」で移動中の組長は殺される(20年1月6日)


 6代目山口組と神戸山口組を対象とした「特定抗争指定暴力団」への指定はこの7日、官報に公示され、いよいよ適用される。

 暴力団の受け止め方は「案外ぬるい。これなら対応できる」というものから、「車での移動がきつくなりそう。苦勞させられるんじゃないか」まで様々だ。

 6代目系の中堅幹部が言う。

「兵庫県は神戸市、尼崎市、淡路市、姫路市だけが指定される。ということは、明石市で集会をもてば50人が集まってもオーケーだろう。大阪は大阪市と豊中市だけの指定だし、愛知県は名古屋市だけ。指定地を外せば、寄り合いが出来る場所はごまんとある。指定期間は3ヶ月というけど、3ヶ月後、これじゃいかんといって、より強化されるのかね」

 これとは逆に別の中堅幹部は楽観視していない。

「組員5人以上で屯するなというんだから、4人までならいいことになる。親分が車で移動するとする。運転するのは当然組員だ。ガードが親分の両脇に1人ずつ付く。それに親分本人を加えれば、もう4人だ。前の警護車、後ろの警護車は動かせない。

 うちの親分はふだん移動するんだって、車を3〜4台は列ねる。それが抗争の最中に1台だけっていうのは、移動中に襲われて殺されろというのと同じだ。実質的に子分も付けず、家の中で蟄居していろってことになる」

 逆からいえば、敵の移動中が攻撃の狙い目になる。「特定抗争指定」は必ずしも抗争の事前防止だけに働くわけではない、ということだろう。

 しかし問題は神戸山口組の惨状である。中田浩司山健組組長の殺人未遂による逮捕、太田興業・太田守正組長の引退と組の解散が続き、組内は茫然自失のようだ。山健組も同じ状況で、弘道会を撃とうという気力さえないように見受ける。

 ならばすでに勝負はついて、6代目側、つまり高山清司若頭派が勝ったということか。そうではなかろう。彼は強権的に直参を支配して組のために働きを見せろとケツを叩きながら、戦いが終わった後、配るべき報奨を持っていない。ふつう報奨は負けた側の財を没収して、自陣の戦功ある配下に配る。

 ところが負けた側がスカンピンなら没収できないし、配れない。山健組の中田組長はネットカジノの配給元、S社のH社長という太いスポンサーを握っていたが、H社長は中田組長の逮捕を見てとり、早々と山健組、神戸山口組から逃げた。弘道会は同業他社の金ヅルを握っているため、簡単にはH社長を掌握できない。

 誰だってタダ働きはしたくない。しかし、配るべき縄張りや利権、資産はどこにもない。やくざを取巻く環境が激変していることを、高山若頭はしかとは認識していないと見える。