379)権力にへつらうお笑いなど見たくもない(19年8月5日)


 メディア上では吉本興業の半グレ問題がまだ続いている。おかげで日韓貿易問題など他の重要案件が消されがちだが、いい加減、吉本問題に食傷気味の人は多いにちがいない。

 筆者もその1人だが、たまたま関西の吉本通の人から話を聞き、彼が解き明かしてくれた関係図に興味をそそられた。

 概要はこうである。

<宮迫博之が100万円の出演料を受け取った特殊詐欺集団とはK(16年の逮捕時28歳)が仕切る50人ほどのグループです。Kは10人ほどから成る架け子グループ5つ以上を動かし、13年末までの1年半に200人以上から40億円超を騙し取った。

 このKはエステサロン関係のC社も営み、そこに詐取したカネを流用していた。C社は吉本興業通しのイベントに協賛するなど、吉本興業の得意先の一つでした>

 つまり半グレと営業上の交際があったのは宮迫以前に吉本興業本社だったというのだ。

<だから宮迫が吉本興業にギャラをもらったと報告しても、上層部は「静観で行きましょう」とそれを公表することを止めた。火の粉が宮迫より手前、吉本本体に降りかかる恐れがあったからです>

 7月13日、吉本は宮迫など13人の金銭授受を公表したが、当初宮迫はノーギャラを主張したため、宮迫だけを嘘つきとして切り捨てる方針で行こうと決めたようだ。

<この辺りでダウンタウンの松本人志や島田紳助が動き出しますが、彼らは吉本興業ホールディングス会長の大崎洋、その子分で吉本興業社長の岡本彰彦とべったりで、ハナから吉本の体質改善などに興味はない。大崎が抱く野望を頓挫させるわけにはいかんと思っているだけです>

 大崎の持つ野望とはどういうものか。

<カジノです。カジノにはショーが行える一大施設が付属する。沖縄では辺野古基地を完成させ、普天間基地を移転する。その跡地をカジノにする構想があり、何としてもそこに1枚加わりたい。だから大崎は沖縄国際映画祭を続けたり、エンタメの専門学校を作って、早い時期から沖縄にツバをつけている。

 大阪でも夢洲での大阪万博、跡地でのカジノ誘致などにシャカリキです。まるで維新の会や安倍政権の小判鮫。権力にべったりくっつき、考えることは甘い汁を吸うことだけ>

 権力にへつらうお笑いなどに用はない。テレビ局も吉本の芸人なしの番組を考えた方がいい。