377)反社にも暴力団同様の判断をした吉本の新対応(19年7月1日)


 吉本興業の芸人が特殊詐欺を行う半グレの誕生祝いでトークや漫才を披露、それも会社を通さない闇営業だったというので、同社は24日、謹慎などの処分を下した。

 処分芸人13人の出演番組を今後どう扱うか、テレビを中心にメディアは大慌てのようだが、吉本興業の処分は当然の対応だったろう。

 あまり指摘されていない点だが、吉本の今回の処分には新対応が含まれている。従来、芸人が関係を結んでならない相手は暴力団の幹部や組員だけだったが、今回、吉本はそれを、特殊詐欺を行う反社会的勢力にまで拡大したことである。

 吉本は処分理由について「特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたとするもの」としている。

 反社会的勢力とは何を指すのか。ふつう「反社」と略される総称だが、警察白書によれば、「暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人」としている。

 反社の中には当然、特殊詐欺を行う半グレも含まれる。よって吉本は反社との関係を問題として、半グレとの関係を断とうとしたといえる。

 これまで警察は半グレによる特殊詐欺を摘発する理由として「彼らが上げた収益が部分的に暴力団に上納されている可能性がある」などとして、暴力団に関係するから摘発すると、持って回った言い方をした。

 たしかに暴力団対策法も都道府県の暴力団廃除条例も各業界の暴力団排除要項もすべて問題とするのは暴力団であって、半グレなどの反社は適用外だった。

 吉本は芸人たちが行っていた闇営業を、会社として黙視できない立場ではあったが、今回、暴力団との関係如何を問わず、反社に営業しない、反社と利害関係を持たない、と事実上、宣言したに等しい。

 考えてみれば、半グレを主体にする振り込め詐欺などの特殊詐欺グループは年間350億円前後、最盛期には500億円ものカネを高齢者中心に詐取してきた。彼らが国民に直接与える損害は暴力団が与える損害より大きいかもしれない。

 一部の暴力団が特殊詐欺に参入し始めたとはいえ、特殊詐欺は暴力団に上納金を渡す可能性があるから悪事なのではない。特殊詐欺そのものが悪であり、犯罪なのだ。だとすれば、お笑い芸人がもみ手をして詐欺グループや半グレグループに近づき、宴会やパーティーで闇の出演料をもらうことは許されない。斬って捨てられて当然だろう。