358)6代目山口組内で新たな内紛の動き(18年8月6日)


 3派に分裂した山口組の中で主流といえば6代目山口組(司忍組長)だろうが、最近、新たな内紛につながりかねない動きが始まった。

 テーマは誰がどう分裂騒ぎに決着をつけるかである。来年10月ごろ、高山清司若頭が懲役を終え、東京・府中刑務所を出所する。高山若頭が分裂騒ぎに決着をつけられるとは思えないが、もし高山若頭が決着をつけられたなら、司組長は「無能の組長」として引退し、高山若頭に7代目組長を譲らざるを得ない。

 そうでなくても高山若頭は4000万円恐喝事件で最高裁に上告しながら、急に上告を取り下げ、あっさり服役した経緯がある。わざわざ上告を取り下げた理由は何か。さっさっと服役をすませ、出所後、司組長から組長の座を禅譲するという約束を取り付けたからと見る向きが多い。

 しかし、山口組の組長は終身が原則である。しかも高山若頭は司組長より5歳若いとはいえ、脊椎の病気で背が曲がり、自立歩行さえ覚束ない。余命もおそらく司組長の方が長いだろう。

 とすれば、司組長が高山若頭の出所前に分裂騒ぎを治め、胸を張って組長を続けたくなって当然だろう。その場合、問題は誰が具体的に3派分裂を収拾するか、だろう。

分裂は高山若頭の服役を見すましてから始まったとはいえ、もともと高山若頭が主導した恐怖政治が大もとの原因だろう。そういう高山若頭が3派をまとめ上げる形で、事態の収束を図れるわけがない。

 解決役としては当然、高山若頭が外れる(服役中だから動けない)。髙山若頭に列なる竹内照明若頭補佐も外れることになるだろう。司—高山—竹内という弘道会万代路線は解消されるのだ。

これまでは高山若頭の有能さだけが注目された弘道会だが、誰の意向を一番に尊重すべきかといえば、山口組の当代、司組長に決まっている。

 こうした思惑が背景となって、六代目山口組の中心団体、弘道会はおおよそ3派に色分けされそうだ。一つは高山・竹内派であり、これは従来路線維持の保守派だ。もう一つは本来が当代として立てなければならなかった司派だ。改革派といえる。あと一つは中間派で、まだどちらに着くべきか気持ちが定まらない一派である。

司派の動きは活発で、すでに気持ちを通じた配下を山口組の分裂解消、再統合工作のため動かしている。これまで高山派と目されていた弘道会幹部も司派に転じるなど、主流になりつつある。対してこれまでが主流だった高山―竹内派からは直参たちの気持ちが離れ、少数派に転じそうだ。

来年10月までという期限を切った競争である。一部に今年8月までといった説も流れていたが、それは個人を相手にした話、団体を丸ごと動かそうという場合は来年10月まで期限が延ばされる。ヒョウタンから駒という驚くべき結果が出てくる可能性がある。