356)安倍首相の選挙妨害・事務所放火事件の顛末(18年7月13日)


 5年前、北九州に根を張る工藤會について調べていたとき、工藤會が安倍晋三の下関の自宅と後援会事務所に火炎ビンを投げ込む事件があったことを知った。
 どういう事情があったのか、詳細を知ろうとしたが、ろくに当時は新聞報道もなく、そのまま見過ごしてしまった。だが、最近になってジャーナリスト山岡俊介氏のスクープで、放火事件がなぜ発生したか、事件の経緯と概要を知ることになった。
 それによると、99年、安倍晋三が下関市長選で子飼いの候補者を当選させようと、地元のいかがわしい人物に不正の選挙妨害を依頼したことが放火事件の大もとの原因だったのだ。
 今、口を開けば厚顔にも「謙虚」「真摯」「丁寧」を口癖にする安倍だが、その本質は自派の利益になるなら、不正で野蛮な手段も辞さない悪辣な地方政治家ということになる。
 山岡氏は15年間もこの事件を追ってきた。2000年、工藤會系の組長と組員、それに元建設会社の社長でブローカー、前科8犯の小山佐市らが下関の安倍の自宅に火炎ビンを投げ込み、車庫の車3台を全半焼させた。
 この事件から3年後の03年、福岡県警と山口県警の合同捜査本部が事件を捜査、前記の者らを逮捕したが、地元では小山が「あれ(安倍宅への放火事件)はわしが工藤會にやらせた」「選挙妨害を頼んでおきながら安倍事務所が約束を守らんかったからや」と語っていたことが明らかになった。
 小山は安倍事務所の秘書・佐伯伸之に頼まれ、市長戦での対立候補、古賀敬章を落選させるべく選挙の半年前と選挙期間中の2回、古賀を攻撃する怪文書を大量にばらまいた。
 当時、小山は下関・川中地区での土地区画整理事業計画への利権参入を狙っていた。安倍の子飼いは市長に当選したが、安倍事務所は小山との約束を反故にした。あげく小山は逮捕され、懲役13年の実刑判決を受け、今年2月に出所した。
 5月、小山は山岡氏に連絡を入れ、2回にわたってインタビューに答えたほか、小山が99年、安倍事務所の筆頭秘書・高田力の署名と押印のある2通の確認書と願書を示し、写真撮影を許した。
 これらの文書からは安倍本人が秘書から小山との交渉について報告を受け、安倍と小山が99年7月、1対1で直接会ったことも窺える。安倍の醜悪な選挙工作を証する貴重な証拠である。
 これらの情報は山岡氏のニュースサイト「アクセスジャーナル」や「リテラ」で閲覧可能だが、一般メディアは不思議なほど扱っていない。メディアが安倍を忖度するようになったら、世の中ますます真っ暗になろう。