347)山口で思い出したNHK「教育番組」の破廉恥話(18年5月14日)


 週刊文春が「TOKIO山口達也に女子高生を“献上”NHKの大罪」として、NHK・Eテレを批判している。

 記事を読み、筆者は7〜8年前、知人から聞いた話を思い出した。

 あまり売れていない古参の女性タレントHが司会役でNHKの教育番組に出ていた。その番組が一段落してスタッフ、出演者ともども打ち上げをすることになった。

 会場は六本木1丁目、泉ガーデン内の1室と聞いた。そこは出入りする広告会社の社員の持ち物だったらしい。

 ワインやつまみなどはスタッフや関係者が用意し、気兼ねなく安上がりにドンチャン騒ぎするつもりだったのだろう。

 知人の女性Kは元レースクイーンで、タレントHの友だちである。HはKを連れて行けば、NHKのスタッフが喜ぶと考えたのか、何日も前からKに「一緒に行こうよ」と誘っていた。KはHよりそうとう若く美人だが、芸能人ではなく、Hが出ていた番組ともいっさい関係がない。当然、スタッフとは面識がなく、番組に出ようなどとの野心もないから、これを機に知り合おうとも思っていない。

 これが男なら、番組に関係ない者が打ち上げに誘われるなど、ほぼあり得ないことだろう。しかし、女なら場の賑わいや花になると誘うわけだろう。

 Kは生返事を通したが、打ち上げの前日になって「外せない用ができた」と断った。というのは、それよりだいぶ前、Hと食事した際、HからEテレの宴会がどういうものか、聞いていたからだ。

 会場はやはり個人の居宅や別荘、研修寮など人目につかない場所を使う。主催者は時にミンヤク(睡眠薬)入りのワインを女性に飲ませ、べろべろに酔わせる。出来上がったカップルは別室や部屋の隅で人目も憚らずイチャつきだす。参加者全員ではないが、さながら乱交かという風景を想起させたというのだ。

 Kは言っていた。

「Hは話したことを忘れたかもしれないけど、こういう話を前に聞いている以上、打ち上げなどに出られるはずがない。Hは次の仕事が欲しくて、スタッフ受けを狙い、若い女に声を掛ける。やっていることは女の女衒です。それを受け入れるNHKもどうかしている。これでHとは絶交です」

 Hが語ったことは本当なのか、オーバーなのかわからないが、話を聞かされたKはほぼ真実と信じた。

 教育番組はNHKの中でどういう位置づけになっているのか承知しないが、少なくとも「教育」の名を冠する部局がやることではあるまい。NHKは山口達也の他、過去に覚醒剤ボケの「歌のお兄さん」らを何人か輩出した。それも今となっては納得である。