310)前代未聞の珍事続出 京都府警は大誤算(17年7月10日)


 神戸山口組の井上邦雄組長が6月16日、暴力行為法違反と傷害容疑で京都府警に逮捕されたが、どうやら満期で釈放されるらしい。

 今年1月、会津小鉄会の後継をめぐる騒動で、六代目山口組側と神戸山口組側がそれぞれ応援団を買って出て会津小鉄会本部で激突、負傷者が出る騒ぎになった。

 そこで京都府警は、山口組3派を一網打尽にするチャンス到来とばかり警察庁にお伺いを立て、がんばれと送り出されたのだが、事件関係者の対応は思惑外れの連続。

 事情を知る者は前代未聞の珍事続出と呆れ返っている。

 まず会津小鉄会の馬場美次前会長が、クーデターを起こした原田昇元若頭(六代目寄り)が勝手に自分の引退・代替わりの文書を偽造・行使したと被害届けを出した。

 馬場前会長は引退したとはいえ、「ヤクザが警察に被害届けを出すのは恰好が悪い」と渋ったのだが、裏に控える神戸の井上組長が「遠慮は要らん。出せ、出せ」と焚きつけたと伝わる。

 もちろん被害届けは京都府警にとっておいしい話。これをテコに六代目側の逮捕に踏み切った。だが、六代目側は被害届けの裏に神戸側ありと知り、対抗上、騒ぎで負傷した原田側の組員(岡山仁義会)を説得、異例を承知で被害届けを出させた。

 ヤクザが喧嘩して、警察に被害届けかよ、と周りは呆れたが、京都府警にとってはこれまたおいしい。早速、神戸側や任侠団体山口組側の山健組組員などを逮捕に走った。

 京都府警は絵図通りの展開に笑いが止まらなかった。唯一気に入らないのは、指名手配した山健組・中田広志若頭が逃亡を続けて出頭しないこと。

「親分の井上組長がパクられた。にもかかわらず、ナンバー2の若頭が雲隠れとは呆れた」と苛立ったのだ。

 逮捕した組員の多くが黙秘だったが、携帯やスマホの着信、発信記録は押さえている。誰が誰にどう連絡し、どう現地に集合させたか、誰が指示して乱闘になったか、証明は簡単と楽観していたのだ。

 だが、直後にドンデンが起きた。山健組の直参が被害を受けた原田系組員を訪ね、示談交渉した結果、組員が被害届けを取り下げた。

 これで井上組長の起訴はならず保釈に。そればかりか、これまで逮捕した各派21人と、これから逮捕予定だった20人全員を嫌疑不十分含みの処分保留で放さざるを得ないだろう、ともっぱらなのだ。

 被害届けを取り下げた当の組員は、井上組長本人が頭を下げに来たと錯覚した、まんまと騙された、とボヤいたそうだが、警察庁の目の前でメンツをつぶされた京都府警は怒り心頭である。

 必ずや山口組3派ばかりか、会津小鉄会2派をも血祭りに上げると、次の捕り物に動き始めたようだ。