307)山口組3派を摘発 もはや抗争の継続どころではなくなった(17年6月19日)


 京都府警が6月16日、会津小鉄会の分裂と後継人事をめぐるトラブルで、いよいよ山口組3派の摘発に入った。

 これより前、6日に兵庫県警が携帯をめぐる微罪で神戸山口組の井上邦雄組長を逮捕したが、本来は京都府警の逮捕が先行する予定だった。兵庫県警は京都府警より早く一番槍をつけたいため、あえて井上逮捕を強行したとされる。

 さすがに京都府警の捜査が本命なだけに、井上組長はもちろんのこと、六代目山口組側からも弘道会・野内正博若頭補佐、直参の司興業・森健司組長などを逮捕する見込み。一部、任侠団体山口組側からも元山健組系組員などを逮捕するようだ。

 捜査は3派に及ぶ。中でも神戸側は組長と中核組織の山健組を直撃され、六代目側は同じく中核組織の弘道会を直撃される。両派のダメージは大きく、抗争の継続どころではない。組織の弱体化がさらに早まりそうだ。

 事件の概要は、このコラム第287回(1月23日)でお伝えしたが、改めて略記しておこう。

 六代目会津小鉄会・馬場美次会長は去年10月、六代目山口組・高山清司若頭による後見人関係を解消した。

 これを面白く思わない六代目側は弘道会幹部や組員を動員、今年1月、京都の会津小鉄会本部に押し掛け、馬場会長に引退と、次期会長に原田昇若頭を就けるよう迫った。挙げ句、馬場会長の印鑑を無断使用した上、交際団体に代目継承を知らせる書状を作成、ファックスした。

 馬場会長はいったん本部を出て山健組などと協議、翌日の早朝山健の組員などと一緒に本部に戻り、弘道会や原田若頭一派の排除に動いた。京都府警は両派の衝突回避のため本部を固め、その前で両派は言い合いになった。

 馬場会長側は「こいつらは人の印鑑を無断で使ってデタラメ文書をでっち上げた」などと面罵、府警は「それなら私文書偽造で被害届けを出しなさい」などと口を挟んだ。

 今回、野内、森両容疑者は私文書偽造で逮捕とも観測されるから、すでに引退した馬場元会長が被害届けを出したのかも。

 その後、神戸側も六代目側も自派と親しい「七代目会津小鉄会」をそれぞれ擁立したが、今や山口組分裂の弊が親戚・友誼団体にも及んでいる。

 5月10日、稲川会を破門された箱屋一家・中村豪総長が乗る車が松戸市の路上でバイクの男から銃撃され、同乗の男が肩と頭を撃たれ、重体に陥った。この事件も六代目側と神戸側の対立・分裂が背景にある。

 事件がめくれれば、両派と稲川会に捜査の手が伸び、かくて日本の全暴力団が震撼する。