303)織田代表が語るヤクザ業界改革の言やよし(17年5月23日)


 任侠団体山口組が旗揚げして20日余り、他団体でもその主張に共鳴、所属団体の体質改善を図ろうとする模索が始まっているようだ。

 織田絆誠代表が言う。

「各団体とも上層部のための集金システムがガンになってます。中堅、若手は毎月の会費、つまり上納金に苦しみ抜いている。バブル期に膨らんだシステムがバブルがしぼんだ後もそのまま残って、上層部を左うちわに、中堅若手層を塗炭の苦しみに置いている。

 私は指定22団体の上層部を全部敵に回してでも、このシステムをぶち壊しにかかります。いわば業界革命です。下を吸い上げておいしい飯を食っているくせに下に向かって「生まれた時代が悪かったね」と、上層部には言わせません。時間がかかっても、10年以内には全てぶち壊します」

 この言や良しだろう。何より山口組にこだわらず、全暴力団を相手取る気宇壮大さがいい。

 実際、ハタで見ていても暴力団の、特に親分—子分関係は中身を代えるべきと思う。「男が男に惚れて」親子関係を結ぶのが本来のはずだが、現状は集団結婚と同様、親分の人柄など見る機会もないまま、盃を戴いている。

 そのくせ「親が黒いものを白いと言っても、子はそれに従う」と誓わせられるのだから、ナンセンスも極まる。

 子が親に素直に従うためには、親も勉強し、事に臨んで理にかなった判断を下さなければならない。ところが親分は遊び呆けて、子分にせっせっとカネを運ばせ、カネを多く運べば運ぶほど目をかけるのでは、反乱も起きよう。

 若者を多数雇用し、過重労働、違法労働で使いつぶす会社をブラック企業という。しかしブラック企業はわずかでも若者に給料を払う。だが、暴力団は若者に給料を払うどころか、逆に「組の代紋のおかげで稼いだんだろう」と多額のカネ(月会費)を取る。

 1日に1回は組事務所に顔を出させるか、電話させる。組の催事のたびに私的シノギや家事を放り出させて参加させる。組の上層部が来れば、車の運転やガードに動員する。事務所当番、本家当番などで頻繁に夜勤がある。弁当が出るくらいで、全部タダ労働である。

 山口組の分裂以来、会津小鉄や今回の任侠団体山口組など、分裂が続き、その度に「逆盃」現象が発生した。本来ヤクザがやってはならない行為とされるが、上が改まらないなら「造反有理」、現実が立て前を乗り越え、中身を作り変えていく。