294)北朝鮮を国連から除名することは有効なのか(17年3月13日)


 ならず者国家・北朝鮮が国連に加盟していること自体がおかしい。あんな国は国連から除名せよと唱える知人がいる。韓国の国連大使も2月、「北朝鮮に国連加盟国としての資格があるのか疑問視せざるを得ない」と発言した。

 一見、除名は名案に思える。だが、具体的に除名の動きが出れば、中国やロシアが拒否権を発動するかもしれない。たとえ除名に反対しなかったとしても、北朝鮮は今でさえ世界から孤立し、鼻つまみ国家だ。

 除名など痛くも痒くもない。除名による効果はゼロ、相変わらず弾道ミサイルを日本海や太平洋にぶっ放し続け、近隣国はそれを阻止する手立てが今以上になくなる——。

 他方、アメリカにとって、ならず者国家があった方がいい。韓国で早速サード(THAAD=弾道弾迎撃ミサイル・システム)の配備を始め、日本の自衛隊にもゆくゆくサードなど高価な防衛システムを売り付けるだろう。米防衛産業にとって、北朝鮮の乱暴狼藉は大歓迎なのだ。

 北朝鮮は今回の弾道ミサイル4発同時発射について、「在日アメリカ軍基地を攻撃目標に想定して行われた」という軍の談話を発表した。サードについては「くず鉄以下の無用の長物」とクサし、「わが軍は精密化されたミサイルで完璧に武装し、ミサイル攻撃戦法をさらに完成させていく」と強調した。

 在日米軍基地が核装着の弾道ミサイルで攻撃されれば、火の海になるのは沖縄ばかりか、首都圏もだ。横田や厚木、横須賀、座間など、米軍の基地、施設は数多いから、周辺住民が巻き込まれる。
 だが、先の知人が言う。

「北朝鮮がミサイル発射に成功したからといって、核にしろミサイルにしろ、北朝鮮の技術が進んだことを意味しない。あれは失職した旧ソ連の技術者がお雇い外国人として北に協力したからできたことと知るべきだ。

 部品や製造装置なども自国では賄えない。全部密輸品を活用している。1発、2発は撃てたとしても、部品がないから後が続かない。米軍が本気で報復すれば、北朝鮮は地上から蒸発する。

 それが分かっているから、北は口先で恫喝するだけ。在日米軍基地を先制攻撃することなどあり得ない。だからこそ国連からも除名し、徹底的に兵糧攻めにすることが有効だ」

 国連加盟国は193カ国とか。いまだかつて除名された国は一国もないらしい。