289)へたれの安倍首相は暴力団よりも劣る(17年2月6日)


 今、神戸山口組を背負って立つ山健組の始祖・山本健一は「理屈と膏薬はどこにでもくっつく」を信条としていた。

 たとえば山健組と他の組の者が喧嘩し、山健組系が他組系を殺傷したとする。喧嘩の理由がどうだろうと、相手を殺傷した以上、悪いのは山健組系のはずである。

 こういうとき山本健一はどう対応したか。死んだ山口組の若頭・宅見勝に聞いたことがある。

「うちの者を懲役いかせるような真似しくさって、どないしてくれるんや、とやるわけです。物事のええ、悪いはしょせん人の判断、つまるところは力いうことです。だからいかに理詰めに見せて自陣営を正当化していくか、落とし前をつけていくか、になる。山健さんが怒り出して相手がなだめにかかるようだと、すでにその時点で相手が負けです」

 この論法で行くと、米大統領・トランプは圧倒的に喧嘩巧者だ。日本の安倍など問題にもならない。なにしろ日本は米車に関税などかけていないが、「我々が日本で車を売る場合、彼らは販売を難しくする。日本は見たこともないような大きな船で何十万台も米国に輸出し、販売している。これは公平ではない」と難癖をつけるのだ。

 こういうトランプに対して安倍はわざわざアメリカに出かける。しかも米インフラへの投資など約51兆円の市場を創出、70万人の雇用を生み出すと約束し、ゴルフのお伴にと、揉み手である。

 実に情けなく、みっともない。ヤクザが交渉事で最重要視するのは「安めを売らない」の一事である。丈高く構えて、決して足元を見せない。たとえばこう出るだろう。

「日本の車に関税を掛けるなら、どうぞ。そのかわり日本は米農産物の輸入に関し、35%の関税を掛けます」

 日本は農畜産物をオーストラリアやニュージーランドから買えば痛くも痒くもない。アメリカの農畜産業はハチの巣をつつく騒ぎになる。

「日本は米国債1兆1320億ドルを保有、中国に代わって世界最大の保有国です。残念ながら、これを徐々に手放します」

「日本は外貨準備高で中国に次ぐ2位です。今後はドルに代わってユーロや人民元を増やします」

「TPPはアメリカが言い出したこと。それをあんたの代でいきなり抜けるのは無責任すぎる。これまで摺り合わせに苦労してきた参加国全部に課徴金を払いなさい」

 交渉ごとはどこの世界だろうと、あーいえばこういう方式でやる。へたれの安倍は暴力団にさえ劣る。