溝口敦はノンフィクション中心のライターです。手がける分野は主に社会畑ですが、カバー範囲は広く、山口組、ヤクザ、暴力団、組織犯罪集団、外国人マフィア、人物論、新宗教、科学、食品の安全性、性、小説など多岐にわたっています。発表メディアは主に週刊誌、月刊誌、単行本です。


What's New



溝口敦の斬り込み時評(日刊ゲンダイ、毎週月曜連載)

403)ITで近代化した組織を目指した工藤會の誤算(20年9月14日)

 長らく北九州市を牛耳ってきた工藤會がほぼ終末期を迎えている。野村悟総裁や田上文雄会長など首脳部が揃って逮捕、起訴され、今や暴力団として組織運営できているかさえ怪しい状態だ。

 しかし、こういう工藤會も一時期、全国の暴力団の中で先進的といっていい組織機能を備えていた。北九州市は百万人近くの人口を誇る巨大都市だったが、工藤會は北九州市を一手に独占し、他の暴力団や半グレ、外国人犯罪グループを徹底排除していた。

 構成員が650人。ほとんど地元出身者で占められ、人的にも地元密着型だった。幹部たちは毎日、小倉北区の工藤會本部に集まり、お茶を飲みながら情報交換し、問題の解決策や対処策をひねり出していた。昼ごろには散会し、以後は各自シノギに精を出した。

 執行部の任期は1年と決まり、1年に1回、必ず執行部を解散した。ノホホンとした幹部は外され、欠員が出れば補充した。

 事務局はきわめて機能的だった。本部とは別棟に事務局室を設け、電子化が進んでいた。早い時期から全組員への通達にはパソコンを通じた一斉送信が採用され、警察の捜索に備えて、海外に隠しサーバーを置き、一瞬のうちに本部のサーバーから全データを消去することもできた。

 一時期は全国の警察の不祥事を網羅する「ぽりすニュース」というサイトを立て、各地方紙の記事を転載する形で警察を冷やかした。YouTubeにも警察とのやり取りや、アルジャジーラの工藤會特集番組を日本訳つきでアップするなど、ディジタル利用に優れていた。

 また経理も近代化され、組の客人に対しては、担当した幹部が自腹を切るなどはなく、幹部は領収書をもらった上、本部に掛かった費用を請求した。他の暴力団は今もってほとんど丼勘定だが、工藤會に限ってはふつうの会社並みの経理方式を採った。

 北九州市という地盤、人口比で適切な組員数、現代的な運営方式など、たしかに工藤會が暴力団業界の先頭を走る時期があったのだが、おそらく堅気を傷めすぎ、警察をコケにしすぎたのか、福岡県警の超法規的な袋叩きに遭い、あえなく今、消滅しようとしている。

 しかし、工藤會が新しい暴力団像を提案したことは確かなのだ。山口組をはじめ他の暴力団は旧態依然とした組運営で満足し、警察包囲下の生き残り策に真剣に取り組もうとはしていない。

 わずかに神戸山口組から分派した絆会が「暴力団に対抗できる脱反社路線」を模索して産みの苦しみにある。その具体化はまだ先の話だが、その前に「暴力団の看板は外しても、男の看板は外さない」のは現代に可能なのだろうか。



<斬り込み時評バックナンバー>

402)ヤクザも移籍したら働かないと昇進できない(20年8月31日)
401)山口組分裂抗争の結末 今は広域暴力団の時代ではない(20年8月17日)
400)分裂した新生山健組は一本どっこでいく覚悟(20年7月27日)
399)織田組長の絆会は解散を正式撤回、山健組に分裂話(20年7月13日)
398)一部のファンとの紐帯も切れた暴力団のやりっ放し(20年6月29日)
397)どこにでも出向く“今どきホステス”はもう止められない(20年6月15日)
396)カタギに女房を取られたヤクザが逆上という時代(20年6月1日)
395)コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅(20年5月18日)
394)「暴力詐欺団」という新語も出てきたヤクザの凋落(20年4月27日)
393)二面性を失った日本の暴力団史はほぼ終わった(20年4月13日)
392)売春一般化で女依存型ヤクザも激減(20年3月30日)
391)コロナ禍で増えそうなヤクザの金銭トラブル殺人(20年3月16日)
390)覚醒剤流通網を叩き潰さない警察の不思議(20年3月2日)
389)家族のためにカチコミをやるヒットマンの哀れ(20年2月10日)
388)特定抗争指定以来、それぞれの組でそれぞれの動き(20年1月27日)
387)「特定抗争指定暴力団」で移動中の組長は殺される(20年1月6日)

2010年7月7日、野球賭博摘発についての溝口敦のコメント
NHK WORLD ニュースライン(10年7月7日)

2008年7月14日、占い師・細木数子は講談社社長に6億円余の損害賠償を求める裁判について、東京地裁に訴えの取り下げ書を提出した。
講談社と溝口は細木の訴えの取り下げに同意し、次のような和解条項を示して細木と和解した。

講談社は、雑誌出版社として財団法人日本雑誌協会が定める雑誌編集倫理綱領(昭和38年10月16日制定、 平成9年6月18日改訂)に基づき、「雑誌編集者は、完全な言論の自由、表現の自由を有する。この自由は、 われわれの基本的権利として強く維持されなければならない」ことを基本とし、「社会の秩序や道徳を尊重す るとともに、暴力の賛美を否定する」との立場に立ちつつ、「個人及び団体の名誉は、他の基本的人権とひと しく尊重され擁護されるべきものである」ことを自覚し、「真実を正確に伝え、記事に採り上げられた人の名 誉やプライバシーをみだりに損なうような内容であってはならない」ことに留意して、行動していくことを、 ここに表明し、補助参加人(溝口敦)は、同様の指針に沿って、行動していくことを表明する。

2008年3月10日、溝口敦と山口組系山健組組長らは東京地裁で和解した。

・この和解を報じる共同通信の配信記事(08年3月10日)
・東京地裁での和解の概略




新刊

危険ドラッグ 半グレの闇稼業

2015年3月 25日刊行 
角川新書 864円
六代目山口組ドキュメント 2005~2007

2013年10月21日刊行 
講談社+アルファ文庫 本体840円
続・暴力団

2012年10月1617日刊行 
新潮新書 735円(税込み)
新装改訂版・山口組動!! 
2008~2011


2011年12月15日刊行 
竹書房 本体756円 (税込)
六代目山口組宮廷革命の勝者

2010年4月22日刊行
竹書房/本体760円+税
山口組三代目田岡一雄と
殺しの次郎


2010年4月22日刊行
竹書房/本体760円+税
jinbuturon.html 昭和梟雄録

2009年11月20日刊行
講談社+α文庫/本体876円+税
pachinko.html パチンコ「30兆円の闇」

2007年12月27日刊行
竹書房/本体1400円+税
novel.html 生贄の祀り

2008年5月13日刊行
小学館文庫/本体552円+税
本の写真
 
司忍組長と高山清司若頭の
六代目山口組


2007年12月27日刊行
竹書房/本体1400円+税
本の写真
 
カネと暴力と五代目山口組

2007年6月5日刊行
竹書房/本体1400円+税
本の写真
 
武闘の帝王

2007年4月11日刊行
小学館文庫/定価580円
本の写真
 
仕事師たちの平成裏起業

2007年1月1日刊行
小学館文庫/定価552円+税
 
溶けていく暴力団

2013年10月22日刊行
講談社+α新書 882円
佐野眞一が殺した
ジャーナリズム


2013年04月22日刊行 
宝島NonfictionBooks 定価1200円
抗争

2012年2月1日刊行 
小学館(101新書)735円(税込み)
暴力団

2011年9月16日刊行 
新潮新書 735円(税込み)
山口組五代目帝国の内なる敵

2010年4月22日刊行
竹書房/本体760円+税
四代目山口組最期の戦い

2010年2月20日刊行
講談社+α文庫/本体876円+税
yakuza.html 歌舞伎町・ヤバさの真相

2009年6月20日刊行
文藝春秋文春新書/本体770円+税

渡辺芳則組長が語った
「山口組経営学」

2008年7月2日刊行
竹書房文庫/本体680円+税

錬金の帝王

2008年1月12日刊行
小学館文庫/本体657円+税

本の写真
 
修羅の帝王

2007年9月11日刊行
小学館文庫/定価560円
yamaguchigumi.html
 
ヤクザと抗争現場

2007年5月20日刊行
講談社+α文庫/定価838円(税別)
本の写真
 
民暴の帝王

2007年3月1日刊行
小学館文庫/定価650円
本の写真
 
細木数子 魔女の履歴書

2006年11月29日刊行
講談社/定価1300円(税別)
本の写真
 
新版・現代ヤクザのウラ知識

2006年11月20日刊行
講談社+α文庫/定価838円(税別)
 
本の写真
 
日本人 山本次郎
山口組外伝 三代目直系
「山次組」組長


2006年9月29日刊行
竹書房/定価1400円+税