溝口敦はノンフィクション中心のライターです。手がける分野は主に社会畑ですが、カバー範囲は広く、山口組、ヤクザ、暴力団、組織犯罪集団、外国人マフィア、人物論、新宗教、科学、食品の安全性、性、小説など多岐にわたっています。発表メディアは主に週刊誌、月刊誌、単行本です。


What's New



溝口敦の斬り込み時評(日刊ゲンダイ、毎週月曜連載)

351)覚醒剤1グラムで致死量に至るのか(18年6月11日)

 覚醒剤の使用者で口から飲み込んで摂取する者はいない。効き目が遠くなり、不経済だからだ。たいていは静脈注射か鼻でスニッフイングする。あるいは歯茎や性器の粘膜にすり込み、皮膚吸収で摂取する。

 紀州のドン・ファン、野崎幸助氏(享年77)の胃からは覚醒剤が検出されたという。テレビを見ていると、専門家は口腔摂取でも、致死量は1グラムだと言う。本当かと思う。というのは、静脈注射でもいちどきに1グラムを摂取して、平然としている者がまれにいるからだ。厚労省の麻薬Gメンから直接聞いた話であり、ウソではなかろう。

 1グラムを飲ませることで相手が死ぬなら、覚醒剤は押しも押されもしない毒薬である。1グラムなら食べ物や飲み物に混ぜることで、相手に気づかせずに一服盛ることが可能だろう。

 関西方面では仲卸から数グラム程度の覚醒剤を仕入れ、小分けして使用者に直接小売りする末端売人を「コシャ」という。コシャはゴマンといるから、1グラム程度の覚醒剤を調達できる者など、無数だ。使用者の中にも1度に数グラムの覚醒剤を「おとな買い」する者など珍しくない。とすれば、野崎氏が殺されるチャンスは数多くあった。

 野崎氏は齢77歳にして、性的にはまだ現役だったらしい。私などには信じられないことである。根っからセックスが好きだったのか、テストステロンなどを恒常的に射っていたのか、ED薬を常用して性欲維持に使っていたのか。どちらにしろ端倪すべからざる性への執念である。

 だが、ドン・ファンというには最期が哀れすぎる。札束で面を張ることでしか、女性に相手にされなかった。当人も、相手が美人でスタイルがよくセックスの相手さえしてくれれば、好きも嫌いもなかったようだ。

 年甲斐もなく思春期の性欲を維持したというより、ガキのような性欲レベルでおおよそ70年間足踏みしたといえる。若く美人でモデル体型の女性を抱くことで、自分の「成功」と充足感を噛みしめていたのだろうか。

 が、カネ好きの女性の全部が全部ではないが、一部に嫌われていた。野崎氏のようなジジイに身体を触られるだけで怖じ気を振るう女性でも、カネのために、いっときは死んだ気になって耐えたはずだ。

 女性に好かれてこそドン・ファンといえる。性交した女性の多さを数えてドン・ファンと称するのは想像力の貧しさであり、それが殺しに至る病になった。



<斬り込み時評バックナンバー>

350)暴力団の殺人指令には適用されない司法取引(18年6月4日)
349)全盛期の22分の1になった山健組の名簿流出(18年5月28日)
348)相変わらず活況 日本の覚醒剤市場(18年5月21日)
347)山口で思い出したNHK「教育番組」の破廉恥話(18年5月14日)
346)NHKの銀座ママ番組に抱いた違和感(18年5月7日)
345)米山新潟県知事と福田財務次官の相違点(18年4月23日)
344)暴力団員が減る中、任侠山口組だけが増えている(18年4月16日)
343)陸自日報隠蔽は安倍政治の必然(18年4月9日)
342)昭恵夫人と安倍首相は一心同体(18年4月2日)
341)任侠山口組が指定暴力団になったが、ますますヤクザは潜るだろう(18年3月26日)
340)安倍首相には退陣してもらうしかない(18年3月19日)
339)神戸山口組絡みの出来事で最近、囁かれていること(18年3月12日)
338)政治への関心を薄くさせる「働き方改革」の一面(18年3月5日)
337)「野球くじ」と「カジノ」にみる公的機関の偽善(18年2月26日)
336)様変わりした危険ドラッグ市場(18年2月19日)
335)依存症対策という警察の腐朽化(18年2月5日) 
334)半グレ集団が任侠山口組に寄ってきている(18年1月29日)
333)3派に割れた東京の山口組の今後は陣取り合戦(18年1月22日)
332)ポスト池田に動き始めている学会は改憲に協力するのか(18年1月15日)
331)半グレにもヤクザにもしのぎが細る厳しい冬(17年12月25日)

2010年7月7日、野球賭博摘発についての溝口敦のコメント
NHK WORLD ニュースライン(10年7月7日)

2008年7月14日、占い師・細木数子は講談社社長に6億円余の損害賠償を求める裁判について、東京地裁に訴えの取り下げ書を提出した。
講談社と溝口は細木の訴えの取り下げに同意し、次のような和解条項を示して細木と和解した。

講談社は、雑誌出版社として財団法人日本雑誌協会が定める雑誌編集倫理綱領(昭和38年10月16日制定、 平成9年6月18日改訂)に基づき、「雑誌編集者は、完全な言論の自由、表現の自由を有する。この自由は、 われわれの基本的権利として強く維持されなければならない」ことを基本とし、「社会の秩序や道徳を尊重す るとともに、暴力の賛美を否定する」との立場に立ちつつ、「個人及び団体の名誉は、他の基本的人権とひと しく尊重され擁護されるべきものである」ことを自覚し、「真実を正確に伝え、記事に採り上げられた人の名 誉やプライバシーをみだりに損なうような内容であってはならない」ことに留意して、行動していくことを、 ここに表明し、補助参加人(溝口敦)は、同様の指針に沿って、行動していくことを表明する。

2008年3月10日、溝口敦と山口組系山健組組長らは東京地裁で和解した。

・この和解を報じる共同通信の配信記事(08年3月10日)
・東京地裁での和解の概略




新刊

危険ドラッグ 半グレの闇稼業

2015年3月 25日刊行 
角川新書 864円
六代目山口組ドキュメント 2005~2007

2013年10月21日刊行 
講談社+アルファ文庫 本体840円
続・暴力団

2012年10月1617日刊行 
新潮新書 735円(税込み)
新装改訂版・山口組動!! 
2008~2011


2011年12月15日刊行 
竹書房 本体756円 (税込)
六代目山口組宮廷革命の勝者

2010年4月22日刊行
竹書房/本体760円+税
山口組三代目田岡一雄と
殺しの次郎


2010年4月22日刊行
竹書房/本体760円+税
jinbuturon.html 昭和梟雄録

2009年11月20日刊行
講談社+α文庫/本体876円+税
pachinko.html パチンコ「30兆円の闇」

2007年12月27日刊行
竹書房/本体1400円+税
novel.html 生贄の祀り

2008年5月13日刊行
小学館文庫/本体552円+税
本の写真
 
司忍組長と高山清司若頭の
六代目山口組


2007年12月27日刊行
竹書房/本体1400円+税
本の写真
 
カネと暴力と五代目山口組

2007年6月5日刊行
竹書房/本体1400円+税
本の写真
 
武闘の帝王

2007年4月11日刊行
小学館文庫/定価580円
本の写真
 
仕事師たちの平成裏起業

2007年1月1日刊行
小学館文庫/定価552円+税
 
溶けていく暴力団

2013年10月22日刊行
講談社+α新書 882円
佐野眞一が殺した
ジャーナリズム


2013年04月22日刊行 
宝島NonfictionBooks 定価1200円
抗争

2012年2月1日刊行 
小学館(101新書)735円(税込み)
暴力団

2011年9月16日刊行 
新潮新書 735円(税込み)
山口組五代目帝国の内なる敵

2010年4月22日刊行
竹書房/本体760円+税
四代目山口組最期の戦い

2010年2月20日刊行
講談社+α文庫/本体876円+税
yakuza.html 歌舞伎町・ヤバさの真相

2009年6月20日刊行
文藝春秋文春新書/本体770円+税

渡辺芳則組長が語った
「山口組経営学」

2008年7月2日刊行
竹書房文庫/本体680円+税

錬金の帝王

2008年1月12日刊行
小学館文庫/本体657円+税

本の写真
 
修羅の帝王

2007年9月11日刊行
小学館文庫/定価560円
yamaguchigumi.html
 
ヤクザと抗争現場

2007年5月20日刊行
講談社+α文庫/定価838円(税別)
本の写真
 
民暴の帝王

2007年3月1日刊行
小学館文庫/定価650円
本の写真
 
細木数子 魔女の履歴書

2006年11月29日刊行
講談社/定価1300円(税別)
本の写真
 
新版・現代ヤクザのウラ知識

2006年11月20日刊行
講談社+α文庫/定価838円(税別)
 
本の写真
 
日本人 山本次郎
山口組外伝 三代目直系
「山次組」組長


2006年9月29日刊行
竹書房/定価1400円+税