溝口敦はノンフィクション中心のライターです。手がける分野は主に社会畑ですが、カバー範囲は広く、山口組、ヤクザ、暴力団、組織犯罪集団、外国人マフィア、人物論、新宗教、科学、食品の安全性、性、小説など多岐にわたっています。発表メディアは主に週刊誌、月刊誌、単行本です。


What's New



溝口敦の斬り込み時評(日刊ゲンダイ、毎週月曜連載)

429)工藤會トップへの死刑判決について思うこと(2021年11月8日)

 ちょっと古い話になるが、今年8月24日、北九州市の暴力団、工藤會のトップ野村悟被告に死刑判決が言い渡された。

 この判決理由には、野村被告が犯罪を指示・命令したという目撃証言や受命証言、犯罪に使われた拳銃といった物証もなく、単に間接的な証言や状況証拠があるばかりだった。

 ある人間が確実に殺ったという直接的な証拠なしに、その人間に極刑を宣していいものだろうか。常識的には、そんな判決が許されるなら冤罪を呼び込む、絶対避けるべきだ、となろう。

 私もそう思う。被告が暴力団の首領だからといって、公正な裁判を受ける権利が否定されてはならない。法の下の平等は誰に対しても適用されるべきで、こんな判決が許されるなら、やがては宗教界や政界、革新運動などにも拡大され、戦前のような暗黒社会が再来することになる。

 しかし、暴力団の犯罪には組織ぐるみという特性があり、警察が実行犯に対して行う「突き上げ捜査」ぐらいでは、上部の指示者、命令者について自供しない。組織のトップはピラミッド型に積み上がる組織に守られ、ほとんど刑事事件で罪を問われることはないのだ。

 もちろん暴力団抗争などで流れ弾に当たり死傷した一般人などが組長の使用者責任を適用、損害賠償を求める裁判を行うことは可能である。だが、これは民事だから、暴力団トップにとってはカネを払えば済むこと。刑務所で服役することはない。

 では、法の乱用といった批判を受けることなく、暴力団首脳に刑事罰を科す方法はないのか。私が一抹の可能性を見出すのは統計学の利用である。

 たとえばアメリカの経済学者スティーヴン・レビットなどは、大相撲千秋楽での7勝7敗の力士の勝率を精査することで、八百長試合の可能性を立証できるとしている。

 力士個人から「たしかに私は八百長しました」との供述を取ることは難しいが、統計での結論を審理に添え、情況証拠とするぐらいのことはあっていいのではないか。

 工藤會は一党支配的に北九州市を牛耳ってきた。同地に他の暴力団は存在しない、と私が取材した幹部は断言していた。

 福岡県警は市内の繁華街で「暴力団員立入禁止」の標章を張り出すよう飲食店に督励してきたが、標章掲示店に対し、放火したり、ママをナイフで傷つけたり、一時、襲撃が相次いだ。

 犯人不明のケースが多かったが、これなどは<北九州市で暴力団の利害に直結する行政に対し攻撃を加えるのは工藤會だけだ、統計学的に立証できる>として、いいような気がする。

 統計的に推理してお前が犯人だ、死刑だとやるのは論外だが、少なくとも統計学ぐらい傍証ぐらいには使うべきだろう。



<斬り込み時評バックナンバー>

428)分裂した山口組の調停を巡る奇っ怪な話(21年10月25日)
427)山口組に新たに7代目継承問題が浮上(21年10月11日)
426)六代目山口組に復縁した山健組に課せられていること(21年9月27日)
425)工藤會トップへの極刑判決の裏に警察の潰されたメンツ(21年9月6日)
424)オレオレ詐欺はダメだけど特殊詐欺はよいという暴力団の倫理観(21年8月23日)
423)本物のヤクザと半グレの間の秘密組員が増えている(21年8月2日)
422)暴力団も不思議がる検察の弘道会への対応(21年7月19日)
421)山健組西川若頭がコロナで死亡し飛び交う謀略情報(21年7月5日)
420)コロナ禍で求められる「デカメロン」的生活(21年6月21日)
419)オレオレ詐欺で賠償を迫られる司組長の自業自得(21年6月7日)
418)暴力団衰退の要因をのばなしにしてきた高山若頭(21年5月10日)
417)山口組の抗争とは別に新陣取り合戦が始まる(21年4月19日)
416)警察が色めき立った関西カチコミ事件のチンケ(21年4月5日)
415)六代目山口組高山若頭の「特定抗争」を仕掛ける辣腕(21年
414)弘道会系組長父子が襲撃された背景に何があるのか(21年3月8日)
413)山口組は弱体化したが弘道会は強化された警察の誤算(21年2月22日)
412)シノギが振るわない半グレで静かに進む地殻変動(21年2月8日)
411)親分子分という擬制血縁関係=ビジネスモデルの崩壊(2021年1月25日)
410)六代目山口組・高山若頭が説く「まじめなヤクザ道」(21年1月4日)

2010年7月7日、野球賭博摘発についての溝口敦のコメント
NHK WORLD ニュースライン(10年7月7日)

2008年7月14日、占い師・細木数子は講談社社長に6億円余の損害賠償を求める裁判について、東京地裁に訴えの取り下げ書を提出した。
講談社と溝口は細木の訴えの取り下げに同意し、次のような和解条項を示して細木と和解した。

講談社は、雑誌出版社として財団法人日本雑誌協会が定める雑誌編集倫理綱領(昭和38年10月16日制定、 平成9年6月18日改訂)に基づき、「雑誌編集者は、完全な言論の自由、表現の自由を有する。この自由は、 われわれの基本的権利として強く維持されなければならない」ことを基本とし、「社会の秩序や道徳を尊重す るとともに、暴力の賛美を否定する」との立場に立ちつつ、「個人及び団体の名誉は、他の基本的人権とひと しく尊重され擁護されるべきものである」ことを自覚し、「真実を正確に伝え、記事に採り上げられた人の名 誉やプライバシーをみだりに損なうような内容であってはならない」ことに留意して、行動していくことを、 ここに表明し、補助参加人(溝口敦)は、同様の指針に沿って、行動していくことを表明する。

2008年3月10日、溝口敦と山口組系山健組組長らは東京地裁で和解した。

・この和解を報じる共同通信の配信記事(08年3月10日)
・東京地裁での和解の概略




新刊

危険ドラッグ 半グレの闇稼業

2015年3月 25日刊行 
角川新書 864円
六代目山口組ドキュメント 2005~2007

2013年10月21日刊行 
講談社+アルファ文庫 本体840円
続・暴力団

2012年10月1617日刊行 
新潮新書 735円(税込み)
新装改訂版・山口組動!! 
2008~2011


2011年12月15日刊行 
竹書房 本体756円 (税込)
六代目山口組宮廷革命の勝者

2010年4月22日刊行
竹書房/本体760円+税
山口組三代目田岡一雄と
殺しの次郎


2010年4月22日刊行
竹書房/本体760円+税
jinbuturon.html 昭和梟雄録

2009年11月20日刊行
講談社+α文庫/本体876円+税
pachinko.html パチンコ「30兆円の闇」

2007年12月27日刊行
竹書房/本体1400円+税
novel.html 生贄の祀り

2008年5月13日刊行
小学館文庫/本体552円+税
本の写真
 
司忍組長と高山清司若頭の
六代目山口組


2007年12月27日刊行
竹書房/本体1400円+税
本の写真
 
カネと暴力と五代目山口組

2007年6月5日刊行
竹書房/本体1400円+税
本の写真
 
武闘の帝王

2007年4月11日刊行
小学館文庫/定価580円
本の写真
 
仕事師たちの平成裏起業

2007年1月1日刊行
小学館文庫/定価552円+税
 
溶けていく暴力団

2013年10月22日刊行
講談社+α新書 882円
佐野眞一が殺した
ジャーナリズム


2013年04月22日刊行 
宝島NonfictionBooks 定価1200円
抗争

2012年2月1日刊行 
小学館(101新書)735円(税込み)
暴力団

2011年9月16日刊行 
新潮新書 735円(税込み)
山口組五代目帝国の内なる敵

2010年4月22日刊行
竹書房/本体760円+税
四代目山口組最期の戦い

2010年2月20日刊行
講談社+α文庫/本体876円+税
yakuza.html 歌舞伎町・ヤバさの真相

2009年6月20日刊行
文藝春秋文春新書/本体770円+税

渡辺芳則組長が語った
「山口組経営学」

2008年7月2日刊行
竹書房文庫/本体680円+税

錬金の帝王

2008年1月12日刊行
小学館文庫/本体657円+税

本の写真
 
修羅の帝王

2007年9月11日刊行
小学館文庫/定価560円
yamaguchigumi.html
 
ヤクザと抗争現場

2007年5月20日刊行
講談社+α文庫/定価838円(税別)
本の写真
 
民暴の帝王

2007年3月1日刊行
小学館文庫/定価650円
本の写真
 
細木数子 魔女の履歴書

2006年11月29日刊行
講談社/定価1300円(税別)
本の写真
 
新版・現代ヤクザのウラ知識

2006年11月20日刊行
講談社+α文庫/定価838円(税別)
 
本の写真
 
日本人 山本次郎
山口組外伝 三代目直系
「山次組」組長


2006年9月29日刊行
竹書房/定価1400円+税